学生ローンの歴史
本文へジャンプ
学生ローンの歴史 〜時代の流れ〜


学生ローン・学生キャッシングの歴史は浅いようで深い。消費者金融が日本ではじめて誕生したのが、1960年代です。
江戸時代に行われていた物々交換なども消費者金融の元祖という人もいますが、現在の形態が構築されたのはまぎれもなく、現在の大手消費者金融「武富士」の会長が興した、個人向けローンが元祖であることは間違いありません。
その時期から10年を数えない間に、学生を専門に融資対象としたローン会社が、新宿区の高田馬場で誕生したのです。
学生証1枚で融資が受けられる利便性がうけ、口コミによって次第に学生ローンは顧客を確実に増やしていきました。

金利競争のはじまり
学生ローン発足当時は、高田馬場で暗黙の了解のように金利は統一されていましたが、当時はインターネットがまだない時代でしたので、会社の立地条件が新規顧客獲得の最大のポイントでした。(参考HP 激!学生ローン)
そこで、当然場所のあまり良くない学生ローン会社は、なんとか新規顧客を増やそうと、それまでタブーとされていた金利の引き下げに踏み切ったのです。
しかし、1社が下げれば他も下げる。結局場所の良い会社が常に主導権を握り続けてきたわけですが、次に紹介料を吊り上げるという戦略が学生ローン会社の間ではじまりました。
が、やはりこれも同じことになったのです。1社がそのようなサービスをはじめれば、他社も追従する。
ビジネスの世界では当然の結果といえるでしょう。

インターネットの争い
やがて時代は代わり、学生ローンの広告合戦はインターネットへと移っていきます。
しかし、ホームページをただ作っただけではアクセスは増えません。
そこで、アフリエイトの参入や上位表示の手法が用いられるようになった。