学生ローンの歴史
本文へジャンプ
  過払い金返還請求と絆の関係


前のページの続きになりますが、過払い金返還請求というものをご存知だろうか。
詳細は消費者金融トリビアというホームページをご覧頂きたい。
簡単に説明すると、消費者金融の利息にはふ2つの異なる法律があり、1つは出資法の29.20%を上限利率とするもの。もう1つは利息制限法の15〜20%を上限とするものだ。その間の利率をグレーゾーンというのだが、グレーゾーンの部分については返還せよという請求ができるというものなのだ。これが現在の消費者金融業界では大問題となっており、あの消費者金融大手の武富士でさえ、顧客全員に請求されたら確実に倒産するといわれているのです。
関係者からきくところによると、返還請求をする利用者はこぞって最近の利用者に多く、最初からケンカごしの口調で言ってくるというのです。
「テメエ」とか「コノヤロ」などは当たり前のように言われ、金融会社側はひたすら耐えるしかないというのです。
こういった状況は、まさに異常事態というしかありませんが、昔のコミュニケーションで絆によって結ばれていた利用者からは、一切返還請求をしてくる人はいないとのことでした。
そもそも返還請求とは、「グレーゾーンの部分については返還請求をすることができる」というものであって、決して金融会社側が騙していたわけではないのです。それを利用者が「騙された」と誤解した解釈をする人が多いことと、最近これを商売にする人間がでてきたことが影響しているものと考えられます。商売にしている人とは、弁護士や司法書士だけではありません。多少の知識を持った人間が、インターネットなどで「過払い金の上手な返還請求のやりかたを教えます」などと、そのネタを売りに出しているのです。
そういったネタを見ると「金融会社には、あくまでも強気で攻めろ」とか「金融庁に訴える」という事を言えば相手はビビる!という内容のものでした。
もはや、モラルとか心の絆というきれいごとが通用する世界ではなくなってしまったのです。
かつての総理であった阿部首相が掲げた「美しい日本」とはどういった国なのでしょうか。
正直、ゴネ得社会を早急に改革しなければ、将来の日本は人としての一番大切なものを失ってしまうような気がしてなりません。