学生ローンの歴史
過払い金と心の
絆との関係


過払い金返還請求と心の絆との関連は、実は密接な関係がある。
昔のコミュニケーションによって繋がっていた利用者からは返還請求はこないというのだ。
返還請求をする人は、最初からケンカ口調で言ってくるので、その対応の難しさが浮き彫りとなっている。
過払い金の返還請求をネタにして商売をしている輩がいることに驚いた。
もはや日本人は「信用」という言葉では商売ができない時代なのだ。
無担保金融はその名の通り担保を取らずに融資を行う。
つまり「信用」が担保なわけだが、もはやその担保には価値がなくなってしまっているのだ。
銀行がダメになったのは、人を信用せず担保を見て融資を行っていたことも起因の一つと言われていた時代があったが、まんざら間違いでなかったのだろうか。
ゴネたものが得をする時代を早急に対策しないことには、人として一番大切なものを失った人間でごったがえすことになると思うのだが、いかがだろうか。


トップ