学生ローンの歴史
本文へジャンプ

●学生ローンの歴史●
学生ローンは1970年初期に東京・新宿の高田馬場で誕生したのが最初と言われております。
学生ローンの専門店が無い時代、多くの学生さんたちは旅行や買い物、生活費や学費など、ほとんどアルバイトで収入を得て賄ってきたものです。
当然、借金をしたくても借りられるところがなく、切り詰められるとところを切り詰めて生活してきた訳ですが、そうなるとやはり旅行や買い物など娯楽の部分を諦めざるをえませんでした。
ところが学生ローンの出現で、学生さんたちは今まで諦めていたものを諦めずにすむ。娯楽の先物買いをするようになり、大手消費者金融よりも利息が安いこともあり、現在では御茶ノ水やその他地方にも数多くの学生ローンが誕生致しました。

●学生ローンの正しい使い方●
学生ローンはなんといっても利息が命!!やはり実質年率18%以下を選ぶのが賢明です。
利息以外では返済方法・申し込み方法の利便性、その会社がちゃんとした会社かどうか・・・などで選ぶべきでしょう。
ちゃんとした会社かどうかの判断基準は登録番号を調べることでおおよそ検討がつきます。
登録番号は、東京都知事(1)などのように表示され、ホームページなどを見ればほとんどの会社は載せております。
学生ローンの正しい使い方というサイトで、もっと詳しく説明がされていますので、参考にしてみて下さい。
●返済方法は、やはりリボルビングよりも元金自由返済方式が良いでしょう。
リボルビングだとアルバイトができなかった月が返済が厳しいです。元金自由返済ならば、最低利息だけでもOKなので助かります。







 
 
高田馬場駅前風景